歯医者

歯医者に通って歯の病気をしっかり完治~美っくり変身デンタル~

有名なインプラント

医療器具

歯医者では、歯を失ってしまった部分には、入れ歯やブリッジをすることが多いものでした。ですが、インプラントという技術を使えば歯のない部分に新たな歯を作ることができるのです。インプラントはこれまでの入れ歯などとは違って、自分の歯と同じように噛めることが最大の特徴です。なぜそのように噛めるのかというと、インプラントの根本が顎の骨に埋め込まれているからなのです。フィクスチャーと呼ばれるインプラントの根の部分が顎の骨と結合することで、自然な歯と同じ感覚で噛めるようになっています。インプラントは、歯茎から露出している上部構造でものを噛みます。ですから、この部分は割れにくく、丈夫で、かつなるべく自然な色合いである必要があります。そこで多く使われている材質はセラミックです。セラミックは丈夫で金属アレルギーを起こす可能性もなく、人体との親和性も高い材質です。歯医者では、患者一人一人にアレルギーの有無をしっかりと確認しています。歯医者の治療の中で、アレルギーを起こる可能性のある義歯や器具などいろいろなものがあるので、事前に確認することで予防するのです。

歯医者で行なうインプラントのメリットは、周囲の歯を健康に保つことができるということにあります。ブリッジや入れ歯の場合、抜けた歯の周囲の歯を削ったり、支えにしたりして人工歯を固定するので、支えになった周囲の歯が弱り、抜けてしまうことがありました。ですが、インプラントは周囲の歯に頼らず、独立しているので周囲の歯を健康なままにしておくことができます。インプラントは顎の骨にフィクスチャーを埋め込む治療です。顎の骨が溶けてしまう歯周病はインプラントと相性が悪い病気と言えるでしょう。ですが、骨の残っている部分にインプラントを打ち込み、歯周病治療を進めながらインプラント治療を行うことができるので、歯科医に相談してみましょう。