歯医者

歯医者に通って歯の病気をしっかり完治~美っくり変身デンタル~

気をつけておきたいもの

先生

歯医者ではさまざまな病気を治療しています。その中には、歯を支えている骨が溶けてしまう病気があります。それが歯周病です。歯周病になると、歯茎が腫れて血や膿が出ます。それを気のせいだと考えて放置していると、やがて歯を支える歯槽骨が溶けていくのです。支えを失った歯は当然抜け落ちてしまいます。今、現代人が歯を失う理由のトップがこの歯周病なのです。歯周病になった歯茎はしばしばトマトに例えられます。健康的で引き締まったみずみずしいトマトが徐々に熟れすぎてやわらかくなり、色も淡い赤色からどんどん血のような赤へと変わっていきます。健康な歯茎はピンク色で引き締まっていますが、歯周病になると赤く、ぶよぶよしてきます。歯を磨くと出血したり、時には膿が出ることもあります。歯医者では歯周病患者を増やさないよう、歯の定期検診を推奨しています。

歯医者でも厄介だとされている、歯周病の原因は口の中に住む細菌です。口の中には非常に様々な細菌が生息していますが、中でも歯周病を特異的に引き起こす細菌があると言われています。この細菌はプラークの中に住んでいるので、歯周病予防にはプラークコントロールが欠かせないのです。歯周病の恐ろしいところは、口内細菌が血管に流れ込み、全身に移動する可能性があるということです。移動した先の臓器で炎症を起こしたり、時に血管をつまらせたりするリスクがあります。歯周病は決して口の中だけの病気ではないのです。歯周病は口臭の原因になることもあります。細菌が食べかすを分解する際に出すガスが口臭として感じられるようになるのです。歯医者で行える治療を早急に行っておくといいでしょう。